Raspberry Pi(OrangePi) TigerVNC-Server + gparted

gpartedを起動するには特権(root権限)を必要とします。 当サイトで運用しているTigerVNC-Server環境では認証ライブラリが動いていないためgpartedをインストールしただけでは起動に失敗します。

オートマウントはudiskieをインストール、設定しています。

gpartedインストール

https://wiki.archlinux.jp/index.php/Polkit

 

# apt install gparted policykit-1-gnome

認証エージェントはpolkit-gnome
スタートは~/.vnc/xstartupに追記

/usr/lib/policykit-1-gnome/polkit-gnome-authentication-agent-1 &

gparted起動

$ gparted &


認証ダイアログが登場します


gparted起動

OrangePi3

Armbian_20.08.2_Orangepi3_focal_current

$ uname -a
Linux orangepi3 5.8.6-sunxi64 #20.08.2 SMP Fri Sep 4 08:52:31 CEST 2020 aarch64 aarch64 aarch64 GNU/Linux

gpartedインストール
アイコンセットにyaruを要求しているのでインストール

# apt install gparted policykit-1-gnome yaru-theme-icon

polkit agentは同様に

/usr/lib/policykit-1-gnome/polkit-gnome-authentication-agent-1 &


認証ダイアログ


gparted起動
メニューは英文表記のままですが特に困らないと思います
パーティション分割などはやはりGUIのgpartedが便利

当サイトの環境ではHDDをパーティション分割すると何故かデバイスIDが頻繁に変わってしまう現象が発生します。
単一のパーティションでは特に問題なく読み書きできています。
この現象は1TBのドライブでもあった(?)ように記憶しています。

OrangePi3の/etc/fstabは2.5インチHDDのみ固定しています。3.5HDDはnoautoを指定、udiskieでfstabの指定位置に自動マウント
起動時は2.5インチHDDのみ接続してあれば正常起動します。

UUID=xxx /home/hda ext4 defaults,noatime,nodiratime,commit=600,errors=remount-ro 0 1
UUID=xxx /home/hd3.5 ext4 defaults,noatime,noauto,nodiratime,commit=600,errors=remount-ro 0 1
UUID=xxx /home/hd4 ext4 defaults,noatime,noauto,nodiratime,commit=600,errors=remount-ro 0 1