Raspberry Pi 4 RK61 メカニカルキーボード

Logicool K270を使っていたのですが一部キーが若干接触不良気味になってしまいました。分解、中のシートを清掃して取り敢えず復旧したのですが予備のキーボードも無いため新たに購入することにしました。

今回は以前から気になっていたメカニカルキーボード(青軸)を試してみようと思います。

METIS メカニカルキーボード RK ROYAL KLUDGE KEYBOARD

USキーボード 日本語配列に対してコスト的に選択の幅が広がります。USB Bluetooth 5000円以下で購入可
記号入力は基本USキーボードが楽、慣れ次第と思います。

METIS ブランド RK ROYAL KLUDGE KEYBOARD
ベースはRK61ゲーミングキーボードと呼んでいるもののようです。
RGB LED バッテリー1450mAhに対して単色LED バッテリー容量も抑えています。
一般的には赤軸が静粛性も高いため無難な選択ですが敢えて青軸を選択してみました。


Model:RK61
下側はBluetoothのON-OFFスイッチ USBはスイッチOFFでも接続可
RK61 ROYAL KLUDGEで検索するとほかにもブランド(ショップ)がいろいろあるようです。
同じ価格帯でフルカラーぽい(?)のもあるようだ


サイズは60%
コンパクト、マウス位置が近くなっていい感じ


付属品はUSB-Cケーブル、キーキャップ外し、説明書

Raspberry Pi USキーボード配列


menu – 設定 – キーボードとマウス – キーボード配列
Generic 101-key PC
English(US)

またはraspi-config keyboard

設定した値は/etc/default/keyboardに記録されます。

XKBMODEL=pc101
XKBLAYOUT=us
#XKBOPTIONS=terminate:ctrl_alt_bksp
BACKSPACE=guess

入力メソッド(fcitx)


fcitx設定もUSキーボード設定を追加しないと日本語レイアウトに戻ってしまいます。
一番上(先頭)にしておきます。


入力メソッドのオンオフはshift+Spaceにしました(任意)

再起動で有効になります。

Bluetooth

RK61には簡単な説明書が付属しています。
確かバージョン3の要領でうまく行ったはずです。
Raspberry PiはLX PanelのBlutooth – Add Deviceを出しておく
キーボードからBlutoothを有効、ペアリングを実行するとPiにDeviceが出現、選択でペアリング完了
Piの起動時はBlutooth通信を開始していません。何かキーを叩いて有効にします。
またキーボードを使っていないと10分位でsleep状態に入ります。同様に有効にします。

キー配列

61キータイプはキー数の制限から入力しにくい記号があります。
slash,question(/?)はup(↑)と同じキーになっています。
切り替えるにはFn + Enterでslash,question(/?)が有効になります。
slash(/)だけはFn + (/?)キーで可
“tilde(~)はFn + Shift + ESCで入力

CapsLock

CapsLockとCtrlは入れ替えている人も多いと思います。
当サイトのヘタレキーボーダーもよくミスタッチをしてCapsLockを有効にしたまま打ち込んでしまうことがあります。入れ替えてもやはりミスタッチをします。

Shift+CapsLock を CapsLock に変更
CapsLock,CtrlともCtrlキー
https://wiki.archlinux.jp/index.php/Xmodmap#.E4.BF.AE.E9.A3.BE.E3.82.AD.E3.83.BC
~/.Xmodmap

clear lock
clear control
add control = Caps_Lock Control_L
keycode 66 = Control_L Caps_Lock NoSymbol NoSymbol

但しこれは起動時通信を開始していないせいか自動で有効になりません。
またsleepに入ると読み込んだ.Xmodmapはクリアされてしまうようです。

~/bin/app_menuに登録
訂正 ファイル名はフルパスで!(/home/pi/.Xmodmap)

# Button902 xmodmap
def x902():
    subprocess.run("xmodmap /home/pi/.Xmodmap", shell=True)
icon902 = PhotoImage(file=dir+'xmodmap.png')
button902 = ttk.Button(frame1,image=icon902,command=x902)
button902.grid(row=1,column=2)


起動時、sleepからの復帰時はキーボードを有効にしてこのボタンで~/.Xmodmapを読み込むようにします。

~/.xbindkeysrcに登録
Shift + Upキーで~/.Xmodmapを読み込み

"xmodmap ~/.Xmodmap"
  m:0x1 + c:111
    Shift + Up

使い勝手

キーボードのレイアウトのみの変更なのでシステム言語などは変更なし
照明はバッテリーの消耗を防ぐため打鍵キーのみ点灯しています。
フルキーボードと比べるとキー配列に癖がありますがコンパクトなのがいい
やはりワイアレスは便利(バッテリーの寿命は不明)
当初打鍵時の感触は若干違和感があったのですが慣れるに従って心做しかカシャカシャ音が心地よくなってきます。