Raspberry Pi ローカルサーバーを構築する

2ヶ月くらい前にHDDを購入しました。

クラウドストレージCopyを使っていたのですが終了になるのでローカルも整備しておきたいと思います。

無料ストレージもいずれ淘汰されていくものと思います。でもBoxとか使ってたりしてます。
用途はローカルサーバーとしてnfs,cups.sambaを予定しています。
今回はpiへのHDD取り付けの記録です。

osは2016-03-18-raspbian-jessie-lite.imgを準備します。

材料は次のとおり
DSCN0097
Raspberry Pi(Rev2)

以前はディスクトップとして使用

DSCN0102
TOSHIBA 2.5インチ SATA 内蔵HDD 1TB 9.5mm MQ01ABD100 バルク AS-MQ01ABD100

Cyberplugs SATA-USB 3.0 変換アダプタ

HDDケースの作成
DSCN0101
材料は古〜い照明器具の廃材とアルミ板

切り貼りします。

DSCN0104
HDDを入れてみました。

HDDケースというよりはHDD台と言った方が方が適切ですね。

USBハブ
DSCN0095
最近100均ハブを見かけなくなりました。さすがにコストが合わなくなったのかもしれません。

以前製作したものをバラして作り直します。

5ポートありますが1個は電源専用です。

DSCN0100
オマケのSDカードケースに取り付けます。

本来のSDカードケースとしても使用できます。

多分使わないと思いますが・・・

DSCN0111
組み上げます。
見た目はなんだこれという感じですがケーブルに振り回されることもなくUSBの抜き差しも容易です。
プリンター、スキャナ、カードリーダーなど接続する予定です。

Pi(Rev2)はUSB機器によっては抜き差しするとリブートしてしまうという癖がありますがマイクロUSBカードリーダー程度では落ちることがないのでヨシにします。

電源について
電源は本来のマイクロUSB端子から供給するとUSB1本ではUSB-HDDが起動しません。
変換アダプタにはこのためもう1本電源専用のUSB端子があるのですがPiへの供給は1本にしたいためGPIOから直接供給します。(もちろん自己責任です)
Pi(Rev2)はUSB端子から電源を供給しても起動します。B+以降は無効と思います。
Pi一般に言えることと思いますがPi内部にはポリスイッチなどの保護部品のため内部で電圧降下が発生して結果、虹色マークが出現してしまうことがあります。
これを防ぐためには太い電源専用ケーブルを使うのはもちろんですがアダプタによっては電流が充分でも電圧が低めのものもあるので注意が必要です。(当サイトでは5.2Vで設定しています)
DSCN0109

インストール
今回はサーバー用途なので2016-03-18-raspbian-jessie-lite.imgを焼いて予め有線で固定IPを割り当てています。
SSHで接続
# raspi-config 2 Change User Password ユーザーpiのパスワードを変更します。
# apt update upgrade 実行
rpi-updateをインストール

# apt install rpi-update

# rpi-update 実行

HDDはpi3のgpartedで予め適当にパーテーションを切りました。
Pi(Rev2)では/dev/sdaで認識できました。

# fdisk -l /dev/sda

Disk /dev/sda: 931.5 GiB, 1000204886016 bytes, 1953525168 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x14eac08c

Device     Boot      Start        End    Sectors   Size Id Type
/dev/sda1             2048 1048578047 1048576000   500G 83 Linux
/dev/sda2       1048578048 1468008447  419430400   200G 83 Linux
/dev/sda3       1468008448 1743810559  275802112 131.5G 83 Linux
/dev/sda4       1743810560 1953523711  209713152   100G 83 Linux

次回はnfsサーバーから設定していきたいと思います。