Raspberry Pi debian リファレンスを読んでみる

raspbianのメニュー helpにdebian リファレンスがあります。

英文ですが日本の方がメンテをされていてweb上に翻訳されたものがあります。
内容は決して新しいものではありませんがUNIXの基礎やdebian(raspbian)の作法を学ぶにはいい教材の一つと思います。

これだけではなんなんでこのhelpファイルを日本語にしましょう。

# apt install debian-reference-ja

debian02

デフォルトではEpiphanyが起動します。

これだけではなんなんで爆速プラウザと言われているdilloで表示させてみましょう。
dilloはデフォルトでは豆腐文字になってしまうので日本語フォントの設定が必要ですが当サイトの環境では下手な設定よりシステムフォントに任せたほうが綺麗に表示します。
ユーザーホームにディレクトリを作成して設定ファイルをコピーします。

$ mkdir ~/.dillo
$ cp /etc/dillo/dillorc ~/.dillo
$ cd ~/.dillo

空のフォント指定を追加します。(起動時バックグランドで怒られています)

$ vi dillorc
#font_serif="DejaVu Serif"
#font_sans_serif="DejaVu Sans"
#font_cursive="URW Chancery L"
#font_fantasy="DejaVu Sans"
#font_monospace="DejaVu Sans Mono"

font_serif=""
font_sans_serif=""
font_cursive=""
font_fantasy=""
font_monospace=""

起動スクリプトを編集します。

# cd /usr/bin
# vi debian-reference
#/usr/bin/sensible-browser $BDOCUMENTSTEM/index.html # ------- コメント
/usr/bin/dillo /usr/share/debian-reference/index.ja.html # --- 追加

dillo01
javascriptなどは理解しないので通常のプラウザとしては使えませんがこんなhtml文書を読む用途としては最適と思います。

これだけではなんなんでCLIの雄テキストベースのプラウザw3mで表示させてみましょう。
w3mのインストール

# apt install w3m-img

lxterminalから実行します。

% w3m /usr/share/debian-reference/index.ja.html

w3m01

これだけではなんなんでw3mで画像を表示させてみましょう。
インストールしたw3m-imgは画像も表示できます。
ただしlxterminalでは画像を表示しないのでmltermをインストールします。

# apt install mlterm

メニュー システムツールにMultilingual Terminalが追加されます。
このままでも使えるのですが設定ファイルを編集してフォントサイズとフォントカラーを少し変更します。

$ mkdir ~/.mlterm
$ cp /etc/mlterm/main ~/.mlterm
$ cd ~/.mlterm
$ vi main
fg_color=#333333
fontsize=12

mltermを起動して実行してみましょう。

$ w3m yahoo.co.jp

w3m02
ちょっと脱線したようです・・・
ではGood Pi Lifeを