Raspberry Pi jessie Nginx+php-fpm webサーバー

Raspberry PiでNginxをセットアップする方法はwww.raspberrypi.orgに文書があるのですがwheezyの頃と思いますので現行のjessieと若干違うところがあります。
日本語訳サイト ラズベリーパイ上でNGINXサーバをセットアップする

今回はこの文書に添ってphp-fpmの動作まで確認したいと思います。

aptでインストール
aptでインストールできるパッケージはいくつかあるようです。
raspbianでは以下の3つがあります。

nginx-light – nginx web/proxy server (basic version)
nginx-full – nginx web/proxy server (standard version)
nginx-extras – nginx web/proxy server (extended version)

特に指定しなければnginx-full(standard version)がインストールされます。

# apt install nginx

インストールが終わるとデーモンは自動で起動されます。

% systemctl status nginx.service
 nginx.service - LSB: Stop/start nginx
   Loaded: loaded (/etc/init.d/nginx)
   Active: active (running) since

webサーバーをテスト
インストールしたサーバーのIPアドレスを指定してデフォルトのWEBページを開いてみます。
次のようなページが表示されるはずです。

nginx02
デフォルトのWEBページを変更する
nginxのWEBページはRaspbianではデフォルトで/var/www/htmlに置かれています。
index.nginx-debian.html

php5-fpmインストール

# apt install php5-fpm

インストールが終わるとデーモンは自動で起動されます。

% systemctl status php5-fpm.service
 php5-fpm.service - The PHP FastCGI Process Manager
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/php5-fpm.service; enabled)
   Active: active (running) since

nginxでphpを有効にする
/etc/nginx/sites-available/defaultの編集
indexの項にindex.phpを追記。
PHPの設定は4箇所のコメントアウトを外します。

# Add index.php to the list if you are using PHP
        index index.php index.html index.htm index.nginx-debian.html;

# pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
#
location ~ \.php$ {
        include snippets/fastcgi-php.conf;
    #
    #   # With php5-cgi alone:
    #   fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
    #   # With php5-fpm:
        fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
    }

編集が終わったらnginxを再起動します。

# systemctl restart nginx.service

phpをテスト
/var/www/htmlに次の内容をphpinfo.phpとして作成します。

# vi /var/www/html/phpinfo.php
<?php
    phpinfo();
?>

サーバーのIPアドレス/phpinfo.phpを指定してWEBページを開いてみます。
次のようなページが表示されるはずです。

phpinfo03