Raspberry Pi (RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL)

apt updateを実行したところplymouth (0.9.2-2) unstable・・・なんかメッセージが表示されました。

RASPBIAN DOUNLOADSにも新しいイメージがアップされています。

RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL
Image with PIXEL desktop based on Debian Jessie

再起動すると起動時にスプラッシュスクリーンが表示されています。
pix

arch linuxの解説によるとplymouth自体はやはりこれだけのようです。
大幅なファイルの変更があったので起動、終了プロセスは安定化が図られたのかもしれません。

スプラッシュスクリーン自体はあってもなくてもどちらでもいい感じがしますがせっかくなので少し試してみました。

設定ファイルの場所はarchと違いますが手法はそのままいけました。
現在のテーマ

$ plymouth-set-default-theme
pix

インストールされているテーマを全てリストアップ

$ plymouth-set-default-theme -l
details
fade-in
glow
joy
lines
pix
script
solar
spacefun
spinfinity
spinner
text
tribar

テーマの変更

# plymouth-set-default-theme -R fade-in

Ctrl+Alt+F2でコンソール rootでログイン

# plymouthd
# plymouth --show-splash
プレビュー
# plymouth --quit

Ctrl+Alt+F7で戻り
再起動しないで確認できたテーマを少し
スクリーンショットはraspi2pngを使用
fade-in
fade-in

以下、効果は違うがdebianロゴのイメージ
script
spinfinity

solar
solar

spacefun
spacefun

やはりデフォルトのpixテーマがよさそう

見た目の変更は起動時のスプラッシュスクリーンだけと思ったらテーマにPIXが追加されていました。
pix01