PAM8403 Mini-AMPを組む

前回作成したPAM8403アンプですが電源オフ時ポップノイズが取りきれない場合があるということでその後いろいろ使用して検討したところ当方で採用したプッシュスイッチに問題がありそうだいうことになりました。
(気にするなと思うと余計気になりますね)

今回新たにスイッチを購入して前回の半分の大きさの基板にminiサイズとして組んでみました。

pam-mini11

スイッチはマルツで購入。ついでにミニジャックも(40円)
sw01
小型の基板用トグルスイッチ
容量はDC20V0.4Aですが今回のPAM基板では問題ないでしょう

お値段が120円と今回の部品の中で一番高価となってしまいました。

pam-mini12
PAM基板は前回の要領でパターンをカットリード線を設けておきます

基板は秋月のDタイプ(47x36mm)があったので使用(30円)

マイクロBコネクタ基板は便利ですね(28円)
Amazonで購入できます
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0183KF7TM/ref=oh_aui_detailpage_o04_s00?ie=UTF8&psc=1

pam-mini13
抵抗はジャンク基板から取ったチップ抵抗を使用
通常の1/4W抵抗でも縦にしたり横にしたりすれば少々配線は混み合いますがPAM基板の下に収まると思います。

pam-mini14
台はSDカードケースがピッタリです
2.5mmの穴を開けて3mmボルトをねじ込んでスペーサーを入れてやるとうまく固定できます

やっぱりPAMアンプはこのサイズが似合いますね

さてできたので繋ぎ込んでスイッチを入れてみます。
今度はきれいにパワーオフ時もポップ音が消えています。

回路
回路内の電解コンデンサは無くても正常にshutdown動作するようになったので省略しています。
ミュート回路のコンデンサを小型化するため定数を変更しました。
pam-mini15

チェック
PAM基板を外してミュート出力端子(画像白リード側)にテスターで電圧を測るとスイッチオン数秒で0〜5Vに変化します。
シャットダウン端子(画像赤リード側)はスイッチオン5V、オフで0Vに変化します。
あとはPAM基板の端子に合わせて入出力、及び電源を配線してあれば音が出ます。

シャットダウン動作は電源スイッチオフ時Q1のベース電圧をコントロールしてスピーカー端子に電圧の変動が現れる前にシャットダウン端子をローにしてシャットダウンを有効にします。
このためにはパワースイッチの2つの接点がほぼ同時にオフになる必要がありますが前回使用したプッシュスイッチは遊びが大きいためおそらくはシャットダウン側がごく僅かに遅れてオフになるためポップノイズが取りきれなかった場合があったものと思います。

入力をオープンにして電源をオンするとミュート解除した瞬間にプッと僅かな音がしますがこれは仕様と思います。

pam-mini16
今の季節はやはりこれでしょうか

牛丼1杯分いやコーヒー1杯分のPAM-AMPで聞く枯葉も粋なものです。