Pi Zero (W) 拡張基板の作成

Pi Zero(W)はGPIO端子にピンが建っておらず自分で取り付けるようになっています。

そこでオス(ピンヘッダ)にするかメス(ピンソケット)にするかは少々迷うところです。

ブレッドボードの使用を想定するとメスが使いやすいと思います。

従来のPiの資産を利用するとなるとオスのほうがいいかなと思います。

どちらにも対応できるよう多少手間と部品が必要になりますが拡張ボードを作成してみました。

部品はコストを最小限に抑えるため汎用の40pinシングルのピンヘッダ、ソケットを基板は7cmx5cmの両面基板を使用します。

当サイトでは従来のPiに合わせてオス(ピンヘッダ)を取り付けています。

Pi Zero(W)はアルミ板ベースに取り付けてみました。
取り付け穴は2.6mmボルトを使用するようになっていますが3.2mmのドリルで揉んで3mmボルトで固定しています。


部品は多少納期がかかりますがAmazonで40pinピンヘッダ、ソケットSET10pcs(¥170)基板10pcs(¥360)程度で購入できます。

まずは真ん中のソケットから取り付けます。


ハンダ付けしたら隣のランドとハンダブリッジをします。

30W位のコテで少し冷やしながら手早くハンダをもります。
うまく載らない時は一旦冷ましてからトライしましょう。


反対側のさらに隣にピンヘッダ(またはソケット)を取り付けます。

間にあるハンダブリッジの部分は以降極力使用しないことにします。
万一ブリッジが離れてしまうと修正が困難になります。


こちらも同様にハンダブリッジをします。
ここは先に比べるとブリッジが載りやすくなっていると思います。(但しやはり手早くね)
これで表裏つながりました。何かハンダで接続する際はこちら側を使用します。


Zeroに取り付けてみました。
奥側のピンを使用する時はジャンパー線で接続することにします。
この基板自体は自作の回路か何かに使用します。特にGPIOを使用しなくてもPiと合体して使う目的でであれば何でもいいと思います。
さらにもう1枚今回の例では表裏メスメスで基板を作成すればGPIOはオスからメスに変換されることになります。
縦方向には増やすことができるので目的別に基板を作成することも可能と思います。

作り方、使い方はアイデア次第といったところでしょうか。

次回、この基板を使ってUSB-HUBを作成してみます。