Raspberry Pi GPIO Zero v1.4を試してみる

Raspbian Stretchなかなかリリースされないですね。基本のRaspbian Stretchは利用可能のようですのでXの変更等もありPi独自の実装などに時間がかかっているものと思います。

いずれ正式なリリースがあると思います。

そんなことでRASPBERRY PI BLOGを見ていたらこんな記事(UPDATES TO GPIO ZERO, THE PHYSICAL COMPUTING API)が目につきました。
Raspbian jessieをインストールしている環境でupdateしていればすぐに利用できるので少し試してみました。

# apt update && sudo apt upgrade

といってもPythonは理解していないのでこの中のコマンドラインツール(pinout)だけですが(^^;o)

確認はターミナルから$ pinout を実行するだけです。

GPIO No.と物理ピンの関係だけなら非常に見やすいですね。

但し、残念ながらgpio readallのようにピンの状態までは表示してくれません。(開発が進めば将来的にサポートされるかもしれません)

$ pinout -r xx
を実行すると初期のPi1やPi1B,A,A+,B+が表示できます。
Raspberry Pi Compute Moduleとよくわからないものもあります。

Pi Zero(W)で試してみる

jessie-lite環境の場合は別途インストールする必要があります。

Wiring Piのインストール

# apt install libi2c-dev git-core

ユーザーのホームディレクトリで実行

$ git clone git://git.drogon.net/wiringPi
$ cd wiringPi
$ ./build

GPIO ZEROのインストール
インストールはPython 3ベースとしました。

# apt install python3-gpiozero

gpioコマンド、pinoutもOKですね。

REMOTE GPIO CONTROLなんか面白そうです。使いこなせるかどうかは別ですが!