Raspbian LXDE 自動起動(スタートアップ)を利用する

前回インストールしたRaspbian 2018-11-13版ですがインストール後の初回起動時セットアップウイザードはどこから(どうやって)なにを起動しているのかなと思ってRaspbian imageを少し眺めてみました。

/etc/xdg/autostart


Raspberry Pi First-Run Wizard
オートスタートはこのファイルが実行しています。
ターミナルから見ると実際のファイル名は
piwiz.desktop
となっています


Name=Raspberry Pi First-Run Wizard
拡張子desktopファイルはファイルマネージャーからはName=で指定した名称が使われます。

Exec=sudo piwiz
実際に起動するプログラムは/usr/bin/piwizですね。
セットアップウイザードを終了するとpiwiz.desktop(Raspberry Pi First-Run Wizard)は削除されるので実際にはこのファイルを目にすることは無いことになります。

スタートアップ設定

仕組みが大体わかったところでこのスタートアップ機能を利用してみたいと思います。
試しにchromium-browserを起動してみます。
/etc/xdg/autostart/chromium.desktop

[Desktop Entry]
Type=Application
Name[ja]=Chromium Browser
Exec=chromium-browser

起動OKですね。

これまで当サイトのPi3はxdotoolとスクリプトを作成してOS起動後zentyダイアログから必要なアプリケーションを起動していました。zentyの代わりにスタートアップに登録してOS起動後は自動で起動してみます。
/etc/xdg/autostart/desktop-start.desktop

[Desktop Entry]
Type=Application
Name[ja]=DeskTop
Exec=/home/pi/bin/work.sh

作成したスタートアップはlxsession-editで有効、無効を切り替えることができます。

$ lxsession-edit


lxsession-editはメニューに登録しておくといいでしょう。
当サイトでは右クリックメニューに登録しています。


自動起動するアプリケーションはwork space6から
sylpheed
terminator lxterminal gnome-terminal
pcmanfm lxterminal gnome-terminal terminator
pavucontrol surf2(browser)
chromium-browser guake(Terminal)
表示位置(サイズ)やタイミングは少しずつ修正してきたのでだいぶ使い勝手もよくなってきています。