Raspberry Pi ZERO W (Window Manager dwm)

File Manager RangerそしてApplication Launcher dmenuと続いたのでWindow Managerを再検討してみたいと思います。

超軽量級且つ実用的なWindow Managerとして今回はタイル型のdwmを試してみたいと思います。

ここにウィンドウマネージャ(ディスクトップ環境)のメモリを比較した記事があります。
A Memory Comparison of Light Linux Desktops

dwmのメモリ使用量は1MBとtwmより少ないですね。
タイル型は基本キーボードを主体とする使い方になりますがdwmを参考、forkしたものが多いとあるので極めて素性のいいウィンドウマネージャと思います。
これはぜひ試してみるしかありません。

参考サイト https://wiki.mma.club.uec.ac.jp/clear/dwm

xmodmap

ZERO Wはヘッドレスでインストール、vnc接続で運用しているためxmodmapの確認

mod4 = winkeyが使えないですね。
xmodmap -e から変更が可能なので起動時~/.vnc/xstartupに書いておくことにします。

$ xmodmap -e "keysym Meta_L = Super_L"
$ xmodmap -e "keysym Meta_R = Super_R"

インストール

# apt install dwm

インストールしたdwmを見ると/etc/alternatives/dwmにリンクされています。

$ sudo update-alternatives --config dwm


dwm.winkeyにセットしてみる。
デフォルトの修飾キーはmod1[Alt]キーなのでサイズも同じことからmod4[winkey]になっていると思います。
linux系は親切ですね〜

alternativesにはx-window-managerもあります。

~/.vnc/xstartupや~/.xsessionに記述が無ければここの設定が使われることになります。

今回はここでの設定は行わずにxstartupから起動することにします。
lxpanelはコメントアウト

現在の~/.vnc/xstartup

#!/bin/csh
xmodmap -e "keysym Meta_L = Super_L"
xmodmap -e "keysym Meta_R = Super_R"
xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid black
xsetroot -cursor_name left_ptr
autocutsel &
xbindkeys &
xterm -e ranger --confdir=~/.config/ranger &
#lxpanel &
dwm &
scim -d
/etc/X11/Xsession

この設定で再起動


mode4 = [winkey] で起動しました。

Pi3 openbox設定
mode4[winkey] + dはPi3側のopenbox設定でデスクトップ全体のアプリケーションが最小化します。
~/.config/openbox/lxde-pi-rc.xml 無効に設定

253 <!--
254     <keybind key="W-d">
255       <action name="ToggleShowDesktop"/>
256     </keybind>
257 -->


xtermを起動して横2分割
mode4[winkey] + h 境界移動(left)
mode4[winkey] + l 境界移動(right)


mode4[winkey] + i 縦2分割
境界移動はできない
mode4[winkey] + d 横2分割戻り
う〜ん 快適ですね。
詳しい説明は先の参考サイトに載っています。
やはり色やフォントサイズその他気になるところを修正したくなります。