Orange Pi 3 armbian 環境設定

前回ログインまでこぎつけることができました。

引き続き環境の設定をしていきます。

Armbian_Orangepi3_Debian_stretch

Armbian_5.83.190426_Orangepi3_Debian_stretch_dev_5.0.9.imgで確認しています。

# apt update && apt upgrade

updateは最新のnightlyもマージするようです。
nightlyは開発バージョンなので足りないところ、また不具合が出ることもあると思います。

locale設定

# armbian-config


Personalを選択


Localesを選択


ja_JP.UTF-8 UTF-8
en.US.UTF-8 UTF-8は外さなくていいです
(下の画像は外している)


ja_JP.UTF-8 UTF-8 OK

locale自体の設定はraspi-configと一緒ですがこのままでは日本語になりません。
/etc/default/localeを編集します。

#  File generated by update-locale
LANG=ja_JP.UTF-8
LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
LC_ALL=ja_JP.UTF-8


一部 en.US.UTF-8 のままになっていますね。

keyboard設定

armbian-configのKeyboard設定も反応が無いですね。
ssh接続で実行していました。当たり前ですね(^▽^;)でもこっちが楽です。
同様に/etc/default/keyboardを編集 (usからjp)

# KEYBOARD CONFIGURATION FILE
XKBMODEL="pc105"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS=""
BACKSPACE="guess"

いずれ改善されると思います。

再起動してTimezone設定

日本語になっていますね。
東京を選択
dateコマンドも日本語表示します。

network設定

固定IPを設定 eth0を追記(各自の環境で)
/etc/network/interfaces

source /etc/network/interfaces.d/*
# Network is managed by Network manager
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet static
  address         192.168.0.23
  netmask         255.255.255.0
  gateway         192.168.0.1
  dns-nameservers 192.168.0.1

再起動確認

$ ip a
1: lo:  mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0:  mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 02:07:c1:c4:51:98 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.0.23/24 brd 192.168.0.255 scope global eth0
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 2408:213:81:b00:7:c1ff:fec4:5198/64 scope global mngtmpaddr dynamic 
       valid_lft 13812sec preferred_lft 12012sec
    inet6 fe80::7:c1ff:fec4:5198/64 scope link 
       valid_lft forever preferred_lft forever

wlan0が見えてないですね。
もう少し様子をみたいと思います。