Orange Pi 3 ファイルサーバー

Orange Pi 3ファイルサーバーの運用を開始しました。
これまでのファイルサーバーはRaspberry pi Zeroで運用していましたがそれに置き換えてのOrange Pi 3です。

現在のOrange Pi 3のarmbianは開発バージョンですがファイルサーバーという特定の用途でもありまたバージョンアップに関してもSDカードから起動しているので新旧2枚のカードを用意してあれば特に大きな問題は無いと思っています。
必要なデーモンは前回のX環境にインストールしていきます。

電源入力基板

ZeroではUSB-B端子に供給していたので簡単に作成

ボードのGPIO端子(2番4番+5V)に供給、GNDは9番25番に接続
USB-Aは3.5インチHDD12V昇圧用
特に問題なく起動しました。ボード側もかなり電流を流せる仕様になっていると思います。

NFSサーバー

実験時はnfs clientとして動かしていました。

# apt install nfs-common

nfs server

# apt install nfs-kernel-server

blkidで該当デバイス検索

# blkid (LABEL名は任意で付けてある)
/dev/sdc1: LABEL="HD2.5" UUID="1d402e29-277b-47a5-90b2-ff3b02e853d6" TYPE="ext4" PARTUUID="c0b17145-01"
/dev/sdd1: LABEL="HD3.5" UUID="71ab5856-cbc2-4d71-a2c5-8bc246659277" TYPE="ext4" PARTUUID="07aafb9f-01"

fstabはUUIDで記載されています。(適当なところにディレクトリを作成マウント)
/etc/fstab

# 2.5 HDD
UUID=1d402e29-277b-47a5-90b2-ff3b02e853d6 /home/hda ext4 defaults,noatime 0 0
# 3.5 HDD
UUID=71ab5856-cbc2-4d71-a2c5-8bc246659277 /home/hd3.5 ext4 defaults,noatime 0 0

3.5インチHDDはバックアップ専用なので公開しない
/etc/exports

/home/hda   192.168.0.0/24(rw,async,crossmnt,no_root_squash,no_subtree_check)
#/home/hd3.5 192.168.0.0/24(rw,async,crossmnt,no_root_squash,no_subtree_check)

sambaサーバー

# apt install samba

/etc/samba/smb.conf

[global]
    server string = Orange Pi 3 SMB Server
    security = USER
    map to guest = Bad User
    guest account = root
    log level = 0
    syslog = 0
    load printers = No
    printcap name = /dev/null
    disable spoolss = Yes
    preferred master = No
    local master = No
    domain master = No
    dns proxy = No
    create mask = 0775
    directory mask = 0775
    printing = bsd
    browseable = Yes

[SHARE]
    comment = share
    path = /home/hda/share
    read only = No
    guest ok = Yes

TEST

再起動して簡単なテストをしてみます。
サーバー側で1GBのファイルを作成、Zeroの場合と比較してみます。

# Zero
pi@Zero:/home/hda/hda4/tmp $ dd if=/dev/zero of=1GB bs=1M count=1000
1000+0 レコード入力
1000+0 レコード出力
1048576000 bytes (1.0 GB, 1000 MiB) copied, 44.9399 s, 23.3 MB/s
# Orangepi3
pi@orangepi3:/home/hda/hda4/tmp $ dd if=/dev/zero of=1GB bs=1M count=1000
1000+0 レコード入力
1000+0 レコード出力
1048576000 bytes (1.0 GB, 1000 MiB) copied, 9.28976 s, 113 MB/s

Raspberry Pi3からnfsマウントして作成したファイルをRaspberry Pi3の/tmpへコピーしてみます。

# Zero
pi@pi3:/tmp $ time cp /home/hda/hda4/tmp/1GB ./
real	5m10.313s
user	0m0.073s
sys	0m10.603s
# Orangepi3
pi@pi3:/tmp $ time cp /home/hda/hda4/tmp/1GB ./
real	3m2.558s
user	0m0.057s
sys	0m8.803s


各設定ファイルはZeroからコピーしています。
Raspberry Pi3からのコピーはUSB2.0の制限があるのでそれほど早くはなりませんね。
Orangepi3ではGUI環境もあるのでいろいろとファイルサーバー側で実行することができます。


Orange Pi 3 ファイルサーバーを有効に活かすためにはやはり次期Raspberry Piのリリースを待つしかないのですがarmbianの進捗をみるとそう簡単では無いように思います。
従来の3系も64bit化(?)と推測されることからもう少し先でしょうか。