Orange Pi 3 multimedia

OrangePi3(armbian)のサウンドドライバもまだのようですね。
現時点ではOrangePi3のオーディオジャックから音を出すことはできませんがLan内にpluseaudio serverがあれば音声を送ることで再生が可能です。

当サイトではmoode audio(raspbian base)をpluseaudio serverにしてOrangePi3の音を出しています。

OrangePi3 Sound

$ uname -a
Linux orangepi3 5.1.12-sunxi64 #5.89.190620 SMP Thu Jun 20 23:59:56 CEST 2019 aarch64 GNU/Linux

sound cardは見えていません。

$ cat /proc/asound/cards
--- no soundcards ---

pulseaudioのインストール

# apt install pulseaudio

インストールしたらclient.confを作成
~/.config/pulse/client.conf

autospawn = no
daemon-binary = /bin/true
default-server = 192.168.0.111 # pluseaudio server address

当サイトの環境ではこれでmoode audioのpluseaudioから音声再生が可能です。

pluseaudio server

RaspberryPi3(raspbian desktop)はpluseaudioはインストールされていますがデフォルトでは有効になっていません。RaspberryPi3で簡単な実験をしてみたいと思います。

インストールされている主なpluseaudio関連パッケージ
追加でpavucontrolをインストールしています。

以下のファイルを作成します。
~/.config/pulse/client.conf

autospawn = no
daemon-binary = /bin/true

~/.config/pulse/default.pa (自ネットワーク帯で)

.include /etc/pulse/default.pa
load-module module-native-protocol-tcp auth-ip-acl=127.0.0.1;192.168.0.0/24 auth-anonymous=1
set-default-source alsa_output.platform-soc_sound.analog-stereo.monitor
set-default-sink alsa_output.platform-soc_sound.analog-stereo

当方のRaspberryPi3にはhdmi-vgaアダプタがあります。

$ cat /proc/asound/cards
 0 [ALSA           ]: bcm2835_alsa - bcm2835 ALSA
                      bcm2835 ALSA
 1 [vc4hdmi        ]: vc4-hdmi - vc4-hdmi
                      vc4-hdmi

音声出力をhdmiからbcm2835 ALSAに切り替えます。

$ amixer cset numid=3 1

pluseaudioスタート

$ pulseaudio --start

pavucontrolにはRaspberryPi3のデバイスが見えてきます。
音量は最初100%になってるので充分小さくしておきます。
OrangePi3のclient.conf default-serverはRaspberryPi3のアドレスに変更

RaspberryPi3からsshでOrangePi3にログイン
OrangePi3から適当な音楽ファイルを実行するとRaspberryPi3のスピーカーから再生します。
pavucontrolを起動しておかないとpluseaudioにアクセスが無いとすぐkillしてしまいます。
bcm2835 ALSAでもちゃんとしたアンプ、スピーカーを繋いでいればかなりまともな音がするはずです。
(ちゃんとしていないアンプ、スピーカーなので音質の良否は確認できていません)

参考 arch linux PulseAudio PulseAudio/サンプル

OrangePi3 mp4

動画再生(音楽再生)はやはりmpv mplayerですね。

# apt install mpv mplayer

その他 youtube-dl

smtube

youtube視聴はsmtube
smtubeはOrangePi3からもコンパイル可能です。(以前の記事

ソースをダウンロードします。

ライブラリのインストール

# apt install qt5-default libqt5webkit5-dev qtscript5-dev qttools5-dev-tools libqtwebkit-dev

ダウンロードしたソースを展開、コンパイル実行(5分位)

# cd smtube-19.6.0
# make install clean

/usr/local/bin/smtubeを実行するには以下をインストールします。

# apt install libqt5webkit5 libqt5script5

smtube起動

$ smtube &


playerはmplayer mpv+youtube-dlが使えます。smtubeからsmplayerの使い方はわかりません。
(ごちゃごちゃしてるのキライ)
最近になってmplayerから再生できなかったのですがsmtubeのバージョンを上げたら普通に再生できるようになりました。以前からそうですね。
smtube関連サイト側の問題(?)


dwmには3つの表示モードがあります。表示モードはタグナンバー(9)とタイトルバーの間にある記号で判別できます。
タイル型 []= mode+t
フロート ><> mode+f
最大化 [数値] mode+m 数値=開いているアプリケーション
mode = windows key(設定次第)


見え方はplayerや元画像サイズによって違います。
また直前のモードによっても変わってきます。
どのモードからもmode+マウス(LまたはRクリック)でサイズ変更、移動は可能
9個あるタグはモード変更によって全て影響します。


最大化(mode+m)にすると大きい画像は縮小して小さい画像はウインドウサイズに合わせて拡大します。
モードは直前のモードとトグルします。
mode+space mode記号クリック
デフォルトのタイル型フロート型のトグルにするには
mode+ft
少し慣れてくると殆どの動画ファイルを簡単な操作で好みのスタイル、サイズで表示できます。

当サイトのメイン環境はRaspberryPi3なのでOrangePi3のcpuパワー、高速なネットワーク、usb3.0経由のストレージはメリットが大きいです。