Raspberry Pi Zero Raspbian Buster

Raspberry Pi 4の発表に伴ってRaspbian Busterがリリースされていますね。本家より先に正式リリースされるとは予想だにできませんでした。

まずは当サイトRPi3のサブとして使っているRaspberry Pi Zeroで試してみたいと思います。Zeroはヘッドレスで運用しているのでこれまで同様の方法でインストールしてみます。

Raspbian Buster with desktop

ダウンロードしてSDカードに焼いたら起動する前にネットワークの設定を書き込みます。
bootにはsshの空ファイルを作成。
/etc/dhcpcd.conf (ネットワーク帯は各自で)

interface wlan0
static ip_address=192.168.0.10
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=192.168.0.1

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP
network={
        ssid="aterm-a3b276-g"
        psk="xxxxxxxxxx"
        proto=RSN
        key_mgmt=WPA-PSK
        pairwise=CCMP
        group=CCMP
        priority=2
}

ZeroにSDカードをセット起動、RPi3からsshでログイン

$ ssh pi@192.168,0,10

ログインしたらロケールとタイムゾーンを設定(root権限で# raspi-config)

アップデート

# apt update && apt -y upgrade

realvncは得意じゃないのでtightvncに変更

# apt install tightvncserver autocutsel


realvnc-serverは削除されます。

tightvncserver起動、パスワード設定

$ vncserver -geometry 850x540 # ジオメトリは適当に
You will require a password to access your desktops.
Password: 
Verify:   
Would you like to enter a view-only password (y/n)? n # noでOK
New 'X' desktop is raspberrypi:1
Creating default startup script /home/pi/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /home/pi/.vnc/xstartup
Log file is /home/pi/.vnc/raspberrypi:1.log

raspberripi3にはtigervnc-viewerをインストールしています。
IP:ディスプレー番号1、または名前解決できていればホストネーム:ディスプレー番号1
上の例ではraspberrypi:1なのでポート5900+1=5901にアクセスします。(vncserverは複数起動可能)

$ vncviewer 192.168.0.10:1

tightvncserverもhelpを見ると-passwd optionが使えますね。上で設定したファイルZeroの(~/.vnc/passwd)をRPi3の(~/.vnc)にコピー、ファイル名変更(~/.vnc/zero)以下のようにアクセスするとパスワード入力無しに接続できます。

$ vncviewer -passwd /home/pi/.vnc/zero 192.168.0.10:1


一見すると壁紙の変更以外stretchと大きな違いは無いように見えます。(当然内容は大幅に更新されているのですが)
Zeroでも比較的スムーズに立ち上がります。

当サイトのZeroはデスクトップ用途では無いのでRaspbian Buster Liteをインストールしてみます。

Raspbian Buster Lite

Liteをダウンロード、SDカードを作成、desktop同様に初期設定を済ませます。
主にインストールしたパッケージは以下の通り

# apt install xserver-xorg x11-xserver-utils fontconfig xterm vim
# apt install tightvncserver autocutsel
# apt install ranger highlight poppler-utils atool mediainfo
# apt install python3-pip python3-tk python3-rpi.gpio
# apt install kpartx suckless-tools xbindkeys udiskie
# apt install p7zip-full libparted-i18n
# apt install leafpad lxappearance gpicview mupdf
# apt install uim uim-anthy fonts-ipafont fonts-ricty-diminished

ウインドウマネージャdwmはコンパイルしたものを/usr/local/binにコピー

設定ファイルはstretchで作成したものをコピーしています。
今回はdwm(タイル型)のみにしたせいかrangerから画像ファイルのプレビューができなくなってしまいました。(mime設定が無い?rangerの設定?)これ以外はOK

stretchからbusterに移行できました。