Raspberry Pi Zero moOde audio 6.5.0

moOde audio 6.5.0がリリースされています。
http://moodeaudio.org/forum/showthread.php?tid=2416
Raspbian Buster Lite 10.3(2020-02-13) Linuxカーネル4.19.115ビルド#1305
今回はボリューム廻り及びメニューに変更が入っていますね。

当サイトのraspberry pi zero + 6.4.2は特に問題なく稼働しています。
6.4.2で設定したファイルを以前と同様の手法でコピー、6.5.0を新規インストール
WiFiのノイズ問題はTDA1543特有の現象と思われるため今回はwpa_supplicantまたbluetoothを活かしています。その他動かないサービス、不要なサービスは以前と同様削除、停止しています。
(zeroはWiFiそしてbluetoothも無いのですが)

$ wget https://github.com/moode-player/moode/releases/download/r650prod/moode-r650-iso.zip
$ md5sum moode-r650-iso.zip
1312b6dc3d9cdc1e53553652d216b003  moode-r650-iso.zip
$ unzip moode-r650-iso.zip

展開したmoode-r650-iso.imgでカードを作成
書き込んだカードのルート(“/”)に以下のファイルを作成(環境によって変更、追記)
カードを現稼働中(6.4.2)のUSBポートに差し込んでマウント
マウントしたカードに移動して実行

$ sudo -i
# mount /dev/sda2 /media
# cd /media
# sh moode-r650-config.txt

moode-r650-config.txt

#!/bin/sh
cp /etc/passwd ./etc
cp /etc/shadow ./etc
cp /etc/group ./etc
cp /etc/gshadow ./etc
cp /etc/sudoers ./etc

cp -Rp /var/www/html ./var/www
rm -r ./var/www/html/www-data/.config/pulse
cp -r /etc/ssh ./etc/ssh.bak
cp /etc/dhcpcd.conf ./etc/dhcpcd.conf
#cp /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf ./etc/wpa_supplicant
cp /etc/default/locale ./etc/default
cp /etc/locale.gen ./etc
cp /etc/rc.local ./etc
cp /etc/init.d/vncboot ./etc/init.d
cp /usr/local/bin/dwm ./usr/local/bin
cp /etc/dphys-swapfile ./etc
cp -r /etc/fonts ./etc

mv ./home/pi ./home/pi.def
cp -rp /home/pi ./home


必要なファイルをコピーしたらシャットダウンして6.5.0のカードで起動
同様に以下のファイルを作成して実行(最初に作成していてもOK)
(必要な設定はsedで追記しているので環境によっては書き換え、またはコピーの必要あり)
# 画像のmoode-r650-iso.imgは空ファイル

# cd /
# sh moode-r650-setup.txt

moode-r650-setup.txt

#!/bin/sh
# locale
locale-gen
# Timazone
timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

apt update
apt -y purge chromium-browser
apt -y purge make gcc
apt -y purge udisks udisks2 hostapd minidlna
echo "--- autoremove ---"
apt -y autoremove
echo "--- install ---"
apt -y install tcsh lv vim
apt -y install tightvncserver autocutsel
apt -y install ranger highlight
apt -y install pulseaudio pavucontrol ncmpcpp
apt -y install xbindkeys python3-tk suckless-tools
apt -y install mpv mplayer swftools libxml2-utils rtmpdump
apt -y remove youtube-dl
curl -L https://yt-dl.org/downloads/latest/youtube-dl -o /usr/local/bin/youtube-dl
chmod a+rx /usr/local/bin/youtube-dl
echo "--- jp ---"
apt install -y fonts-ipafont fonts-ricty-diminished
apt install -y uim uim-anthy uim-xim uim-gtk2.0
# ssh
rm -r /etc/ssh
mv /etc/ssh.bak /etc/ssh
# pulseaudio
rm -r /var/www/html/www-data/.config/pulse
sudo -u www-data pulseaudio --start
sleep 1
cp -p /var/www/html/www-data/.config/client.conf /var/www/html/www-data/.config/pulse
cp -p /var/www/html/www-data/.config/default.pa /var/www/html/www-data/.config/pulse
# /etc/pulse/default.pa
sed -i -e '$a load-module module-native-protocol-tcp auth-ip-acl=127.0.0.1;192.168.0.0/24 auth-anonymous=1' /etc/pulse/default.pa
sed -i -e '$a set-default-source alsa_output.platform-soc_sound.stereo-fallback.monitor' /etc/pulse/default.pa
sed -i -e '$a set-default-sink alsa_output.platform-soc_sound.stereo-fallback' /etc/pulse/default.pa
# mplayer
sed -i -e '$a cache = 100' /etc/mplayer/mplayer.conf
echo "--- systemctl ---"
systemctl enable vncboot
systemctl enable dphys-swapfile
systemctl disable keyboard-setup
echo "--- autoremove ---"
apt -y autoremove
sh -c 'echo -n "Hit Enter key to reboot..."; read x'
reboot


i2sデバイス、ライブラリを適当なところで組み込んでおきます。

ボリューム廻りが使いやすくなっています。
UPは10%刻み、DOWNは任意の値に変更できます。


RadioやAlbumは左上のLibraryから選択できます。


CSSが変更になったせいかブラウザを小さくしていくとタイムーテーブル、ボリュームのサークルが小さかったりサイズが合わなくなったりします。
(Jazz24の画像ロゴは差し替えています)


サイマルラジオ、ラジコ、PulseAudioは全く変わりなく使用することができます。