SBC(シングルボードコンピュータ)3選 OrangePi Zero

OrangePi Zero(512M)は5月頃購入($15.74送料込み)していたものですが日本で購入するRaspberryPi Zero(w)とほぼ同じような価格帯になります。
大きな違いはSingle-coreのZero(w)に対してAllwinner H2+1GHz Quad-coreを採用しています。

今回はOrangePi Zeroで試してみます。

Ubuntu Focal Fossa

OsはArmbian_20.08_Orangepizero_focal_current_5.7.15.imgをインストールすることにします。
イメージをddでカードに書き込み、起動 rootでログイン(有線接続)

$ ssh root@orangepizero


パスワード 1234
rootパスワードの変更


Armbian_20.08ではLocaleとTimeZoneの変更を自動でやってくれます。
次にユーザーの登録
適当にpi
パスワードを入力
あとは全てEnterで抜けます。
sudoersへの登録、権限は適当に

# apt upgrade && apt -y upgrade
# apt -y install language-pack-ja

以上で基本設定が完了しました。
uname -a armv7l 32bit Os

$ uname -a
Linux orangepizero 5.7.15-sunxi #20.08 SMP Sun Aug 16 23:54:33 CEST 2020 armv7l armv7l armv7l GNU/Linux

applications

アプリケーションのインストール debian系OsなのでRaspberry OSと基本は同じになります。
Osに含まれるパッケージに若干の違いがあります。

# sh setup.txt

setup.txt

#!/bin/sh
# default
apt -y install tcsh lv
echo "--- X11 ---"
apt -y install xserver-xorg x11-xserver-utils tigervnc-standalone-server tigervnc-common
apt -y install xfonts-100dpi xfonts-75dpi xfonts-scalable xterm xbindkeys suckless-tools
echo "--- jp ---"
sh /zzz/font_set/font_set.sh
echo "--- filer ---"
apt -y install ranger file w3m-img highlight poppler-utils atool mediainfo ffmpegthumbnailer
echo "--- nfs client ---"
apt -y install autofs nfs-common
echo "--- python ---"
apt -y install python3-tk
cd /usr/bin && ln -s python3.8 python && cd /
echo "--- udiskie ---"
apt -y install udiskie libblockdev-crypto2 libblockdev-mdraid2
echo "--- www ---"
apt -y install firefox firefox-locale-ja
echo "--- dphys-swapfile ---"
apt -y install dphys-swapfile
echo "--- dwm compile ---"
apt -y install libx11-dev libxinerama-dev libxft-dev

/zzz/font_set/font_set.sh

#!/bin/sh
apt install -y fonts-ipafont fonts-ricty-diminished
apt install -y uim uim-anthy uim-mozc uim-xim uim-gtk2.0 uim-qt5 uim-qt5-immodule
cp /zzz/font_set/65* /etc/fonts/conf.avail
cd /etc/fonts/conf.d
ln -s ../conf.avail/65-fonts-ipa-mincho.conf
ln -s ../conf.avail/65-fonts-ipa-pgothic.conf
ln -s ../conf.avail/65-fonts-monospace.conf

/etc/init.d/vncboot
libgcc_s.so.1のディレクトリがraspberrypiと違います。

#! /bin/sh    
### BEGIN INIT INFO
# Provides: vncboot
# Required-Start: $remote_fs $syslog
# Required-Stop: $remote_fs $syslog
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# Short-Description: Start VNC Server at boot time
# Description: Start VNC Server at boot time.
### END INIT INFO

# /etc/init.d/vncboot
USER=pi
HOME=pi
export LANG='ja_JP.UTF-8'
export USER HOME

case "$1" in
    start)
        echo "Starting VNC Server"
        #Insert your favoured settings for a VNC session
        su $USER -c 'LD_PRELOAD=/usr/lib/arm-linux-gnueabihf/libgcc_s.so.1 /usr/bin/vncserver :1'
        ;;

    stop)
        echo "Stopping VNC Server"
        su $USER -c '/usr/bin/vncserver -kill :1'
        ;;

    *)
        echo "Usage: /etc/init.d/vncboot {start|stop}"
        exit 1
        ;;
esac
exit 0

日本語インプットメソッドはやはりtcshをインストール.cshrcから読み込みます。
udiskie(USB auto mount)はインストールのみでオートマウントするようです。
その他 前回RaspberryPi Zero W と同様


upgrade後は最新のリリースになっています
VERSION=”20.04.1 LTS (Focal Fossa)”

wiringOP

https://github.com/orangepi-xunlong/WiringOP

$ git clone https://github.com/orangepi-xunlong/wiringOP.git
$ cd wiringOP
$ sudo ./build clean
$ sudo ./build
$ gpio readall


buildはwarningが出ますが起動は問題無さそうです。
GPIO番号では制御できません。
wPi番号はmode writeともOK


firefox
raspberrypi Zeroではコアを吐いて起動しませんでしたがOrangepi Zeroは取り敢えず動きます。
静的なページはOKですがちょっと凝ったページになるとスワップして使えません。
やはりメモリが不足しているようです。

Wi-Fi
Orangepiのwifiは技適が通っていません。
明示的にwifiをオフにするにはrfkill block wifiを実行します。

# rfkill block wifi
# rfkill list
0: phy0: Wireless LAN
        Soft blocked: yes
        Hard blocked: no

wifiを設定すると50mA前後電流を消費します。rfkill block wifiを実行するとwifiの電流消費分がなくなります(未設定と同じ)従ってwifi未設定放置で問題ないものと考えています。

さてraspberrypi Zeroとの比較ですが今回の環境ではやはりOrangepi Zeroがキビキビ動きます。
敢えて数値的な比較はどんぐりの背比べになってしまう(面倒臭い)ので避けますが目的、用途によっては使い分ける価値はありそうです。
#CPU温度の報告が間違っている(よくあります)