SBC(シングルボードコンピュータ)3選 ROCKPi S

ROCKPi S
Rockchip RK3308 Quad-core 1.3GHz
OrangePi Zeroより一回り小さいサイズになっています。
面白そうなボードなので購入してみました。(10$クラス)

ROCKPi S v12


ROCK PI S v1.2
512MB without BT/ WIFI(bluetooth wifiなし)
$11.99 Shipping $7.30 ALLNET China
送料がちょっと高いのがネック
v13もあるようです。GPIOが変更

Debian 10 Buster

Osはhttps://wiki.radxa.com/RockpiSのDownloadsページからDebian Busterを選択
Update time: 2020-08-10
armbian(focal)でも試して見ましたが現時点ではまだ問題があるように思います。

ダウンロードしたイメージをdd カードに書き込んで起動、sshで接続

$ ssh rock@rockpis
password: rock


aarch64 64Bit
素のdebianなので最初はちょっと面倒です。

sudoの度にパスワードを聞かれるのでまずはsudoersに登録
editorはvimのみ

$ sudo visudo
rock    ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL # 末尾に追記

update && upgrade

$ sudo apt update && sudo apt -y upgrade

Locale TimeZone

$ sudo apt install locales
$ sudo sed -i 5a"ja_JP.UTF-8 UTF-8" /etc/locale.gen
$ sudo locale-gen
Generating locales (this might take a while)...
  ja_JP.UTF-8... done
$ sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8
$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
$ date
2020年  8月 24日 月曜日 22:36:03 JST

以上で初期設定が終わりました。

Applications

$ sudo sh rockpis.setup.txt

rockpis.setup.txt

#!/bin/sh
sleep 1
# default
apt -y install tcsh lv whiptail htop nano
echo "--- X11 ---"
apt -y install xserver-xorg x11-xserver-utils tigervnc-standalone-server tigervnc-common
apt -y install xfonts-100dpi xfonts-75dpi xfonts-scalable xterm xbindkeys suckless-tools
echo "--- jp ---"
sh /zzz/font_set/font_set.sh
echo "--- filer ---"
apt -y install ranger file w3m-img highlight poppler-utils atool mediainfo ffmpegthumbnailer
echo "--- nfs client ---"
apt -y install autofs nfs-common
echo "--- python ---"
apt -y install python3-tk
echo "--- udiskie ---"
apt -y install udiskie libblockdev-crypto2 libblockdev-mdraid2
echo "--- www ---"
apt -y install firefox-esr-l10n-ja
echo "--- dphys-swapfile ---"
apt -y install dphys-swapfile
echo "--- dwm compile ---"
apt -y install libx11-dev libxinerama-dev libxft-dev
echo "--- GPIO - libmraa---"
apt -y install libmraa

/zzz/font_set/font_set.sh

#!/bin/sh
apt install -y fonts-ipafont fonts-ricty-diminished
apt install -y uim uim-anthy uim-mozc uim-xim uim-gtk2.0 uim-qt5 uim-qt5-immodule
cp /zzz/font_set/65* /etc/fonts/conf.avail
cd /etc/fonts/conf.d
ln -s ../conf.avail/65-fonts-ipa-mincho.conf
ln -s ../conf.avail/65-fonts-ipa-pgothic.conf
ln -s ../conf.avail/65-fonts-monospace.conf

/etc/init.d/vncboot

start)
        echo "Starting VNC Server"
        #Insert your favoured settings for a VNC session
        su $USER -c 'LD_PRELOAD=/lib/aarch64-linux-gnu/libgcc_s.so.1 /usr/bin/vncserver :1'
        ;;

udiskie(10-udisks.pkla)は設定します。
dwm(パッケージ以外)はROCKPi Sか64Bit ARMでコンパイルしたものを使う必要があります。
その他 raspberrypi Zero Orangepi zero とほぼ同じ


Yahooのページは早くは無いですが問題なく見れます。
インストールしたSDカードも関係あるのかもしれません。
書き込み速度はそれほど違いはなくても実運用ではSDカードによって差があるように感じます。
Orangepi zeroもSDカード次第でもう少し良くなるのかもしれません。

cpufrequtils

ROCKPi Sは非常に消費電流が少ないですね。通常の使い方ではCPUの発熱もほとんどありません。
簡易な電流計では通常時0.07Aを指しています。

# apt install cpufrequtils


1.3GHZの稼働率は低いですが動いています
governorはperformanceも選べないことから徹底した省電力仕様のようです

GPIO – libmraa

GPIO関連はlibmraaをインストール
https://wiki.radxa.com/RockpiS/dev/libmraa

# apt install libmraa


Listの出力や値をGetできるのですがsetが反映されません。
なにか使い方を間違っているのかもしれません。
要調査です。


やはり面白そうなボードです。
このボードを見てると次期raspberrypi zero(new)の仕様が見えてきます
cpu 1.3GHz RAM 512MB 1GB micro hdmi
公式価格 512MB 10$ 1GB 15$ (ココ重要)
(ハハッ 戯言です)