raspbian-jessie 2017-04-10 (fstab)

Raspbianの新しいイメージ2017-04-10-raspbian-jessieが出ています。

今回のイメージからfstabの書式が少し変更になっています。

Raspberry Pi3にインストールしてみました。

これまでのようにカード作成時にパーテーションを変更した場合はこのままでは起動しなくなってしまいました。

参考 arch linux fstab

カード作成

# dd if=2017-04-10-raspbian-jessie.img of=/dev/sda bs=1M

/etc/fstab

proc                  /proc           proc    defaults          0       0
PARTUUID=402e4a57-01  /boot           vfat    defaults          0       2
PARTUUID=402e4a57-02  /               ext4    defaults,noatime  0       1

従来のデバイス名からPARTUUIDの指定に変更になっています。

できたカードをセットして起動するとカードの空き領域を拡張してしまいます。(普通はこのようにして使うのですが)

当サイトでは空き領域の全部を/rootに割り当てたくないためパーティションを切り直します。


/dev/sda2は8000M(8G)にリサイズ
残り全部を/dev/sda3に割り当ててみました。

ですがこのままでは起動しません。PARTUUIDが変わってしまうんですね。(rootで実行)

# blkid /dev/sda1
/dev/sda1: LABEL="boot" UUID="95E0-9AC4" TYPE="vfat" PARTUUID="45afc544-01"
# blkid /dev/sda2
/dev/sda2: UUID="b105f9a8-f450-4976-8ac8-69053f57bab4" TYPE="ext4" PARTUUID="45afc544-02"
# blkid /dev/sda3
/dev/sda3: UUID="e935f818-2bac-4ee9-9637-3db52e1ef389" TYPE="ext4" PARTUUID="45afc544-03"

/etc/fstabの編集

proc                  /proc           proc    defaults          0       0
PARTUUID=45afc544-01  /boot           vfat    defaults          0       2
PARTUUID=45afc544-02  /               ext4    defaults,noatime  0       1

もうⅠ箇所変更します。 /boot/cmdline.txt

dwc_otg.lpm_enable=0 console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=45afc544-02 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait quiet splash plymouth.ignore-serial-consoles


無事起動することができました。

これで今までと同様に扱うことができます。

# カード作成時の/dev/sda2(/root)はほぼ100%近く使いきっているので必ず拡張が必要です。

Raspberry Pi Zeroを試してみる(ディスクトップ環境Ⅱ)

Raspberry Pi Zeroを試してみて少し気になったところを設定してみたいと思います。

raspbian(2017-03-02-raspbian-jessie)ではロケールの設定のみで日本語が表示できます。

ですが文字を小さくしていくとやっぱり美しくないですね。

日本語環境の設定

フォントのインストール

apt install fonts-ipafont fonts-ipaexfont

日本語入力

# apt install fcitx-mozc

フォント設定
Ubuntuの設定ファイルを借用します。
65-fonts-takao-gothic.conf
65-fonts-takao-mincho.conf
65-fonts-takao-pgothic.conf
ファイル名とパーミッションを以下のようにします。

-rw-r--r-- 1 root root 1414  6月 29  2016 65-fonts-takao-gothic.conf
-rw-r--r-- 1 root root 2091  6月 29  2016 65-fonts-takao-mincho.conf
-rw-r--r-- 1 root root 1256  6月 29  2016 65-fonts-takao-pgothic.conf

/etc/fonts/conf.availに保存します。

# cp 65* /etc/fonts/conf.avail

/etc/fonts/conf.dに移動してリンクを貼ります。

# cd /etc/fonts/conf.d
# ln -s ../conf.avail/65-fonts-takao-gothic.conf
# ln -s ../conf.avail/65-fonts-takao-mincho.conf
# ln -s ../conf.avail/65-fonts-takao-pgothic.conf

設定が済んだら再起動


設定前
システムフォントには等幅フォントが使われています。
なんとなく間が抜けているというか間が開いているというか不自然に感じます。


設定後
こちらのほうが自然ですね。
画像ではわかりにくいですがアンチエイリアスもこちらのほうがきれいにかかります。
あとはアプリケーションごとにフォントサイズを変更すれば見やすくなると思います。

LibreOfficeの日本語化

# apt install libreoffice-l10n-ja


IPA Pゴシックになってますね。

PDF Viewer
デフォルトは伝統的なXpdfが採用されています。
用途によってはXpdfも強力なのですが通常のPDFを閲覧するだけの目的には使いにくいですね。

# apt install epdfview


epdfviewはUIもシンプルで軽く、印刷も可能です。
vi Likeな人は更に軽いMuPDFと使い分けるといいと思います。

スクリーンショット
コマンドラインによるスクリーンショットアプリケーションもあるのですがX上で使用するのはこれが断トツで使いやすいと思います。

# apt install gnome-screenshot


画面上をちょっと保存したい時は簡単にできます。

ディスクパーテーション
カード作成時に作成したパーテーションはこのままではrootしか扱えません。
パーテーション全体をユーザーで使用するためにはマウントした状態で(root)

# chown pi:pi a8c3c677-2451-4f34-aa5c-bddc1a7dac2f


またはrootでディレクトリを作成してそのディレクトリをやはりユーザー所有にするとよいでしょう。

ディスクトップショートカットアイコン
どうでもいいといえばそれまでなのですがディスクトップにショートカットアイコンを追加するとショートカットマークのついたアイコンが作成されます。またこのアイコンは名前の編集ができません。

ファイルマネージャを起動して/home/pi/.local/share/applicationsを選択
Main Menu Editorを起動して配置したいアプリケーションを選択
チェックを外すかプロパティを選択するとファイルマネージャにアイコンが生えてきます。


ディスクトップにドラッグするとマーク無し名前変更可能なショートカットアイコンが作成されます。

稀にファイルマネージャをクリックすると勝手にショートカットアイコンにフォーカスが移って起動してしまうことがあるかもしれません。
まあどうでもいいことなので気になる人は試してみるといいかもしれません。

Raspberry Pi Zeroを試してみる(RealVNC)

前回はZeroにディスクトップ環境を構築していろいろ試してみました。ブラウザなどPi3と比べると重く感じるものもありますが概ね良好に動作するものと思います。

raspberry pi財団が掲げる子どもたちがプログラミングを学習する環境をという意味ではPi Zeroはなかなかいい教材だと思います。(子どもたち以上におじさんたちが喜んでいる感じもしますが)

現在のraspbianはRealVNCを採用しています。今回はもうひとつのアプローチであるリモートデスクトップ接続を試してみました。
環境はVNCサーバーにPi zero クライアントはPi3

以前のVNCは挙動不審でこれまではxrdp+rdesktopを使っていました。

# apt install xrdp tightvncserver


現在でもそれなりに動くのですがコピー&ペーストができないという問題があります。(rasbian同士)
確かプロジェクトは終了していたはずなのでやむを得ません。

VNCサーバーの設定
Pi3をディスクトップ環境に戻してzeroにsshでアクセスします。
xrdpとVNCは共存できないのでraspi-configからVNC設定をします。

# raspi-config
5 Interfacing Options
P3 VNC


はい


ターミナルが開いて
インストールしたtightvncserverは削除されます。
cups関連もインストールされます。

クライアント(Pi3)の設定
当サイトのPi3は新規インストールはまだしていないのでメニューにはVNC Viewerがありません。
RealVNCのダウンロードページからRaspberry Pi用のVNC Viewerを適当なところにダウンロードします。

ダウンロードしたVNC-Viewer-6.0.2-Linux-ARM.gzを展開します。

展開するとVNC-Viewer-6.0.2-Linux-ARMができるので実行権限をつけます。

$ chmod 755 VNC-Viewer-6.0.2-Linux-ARM


VNC-Viewer-6.0.2-Linux-ARMをクリックして実行をするとVNC-Viewerが起動します。

最初の画面は必要ないので閉じて


上部にホスト名かIPアドレスを入力するとダイアログが出現

Continueをクリック


ログイン画面がでました


ログインできました。
動作もなかなかいいですね。
コピペもOKです。
youtubeの映像も動作しますが起動するまで少々時間がかかります。


終了すると記録が残ります。

次回はここをダブルクリックで起動できます。

RealVNCも商売が絡んでいるせいもあってかかなり気合が入っているようです。

次回もう少し触ってみようと思います。

Raspberry Pi Zeroを試してみる(ディスクトップ環境)

Pi Zeroを試すにあたってディスプレーの発色も悪くなってきたので更新してみました。
ディスプレーはIO-DATA LCD-A15CE(ジャンクです)電源がなかなか入らない、入ってもなかなか切れない。パワーのタクトスイッチを交換して復活です。


PiはGPIOやPi3でUSBを使う際にはフロントPiのほうが使いやすいので少し工作をします。


このLCD-A15CEはフロント側にほとんどスペースが無いのでヒンジを取り外して後ろ前を逆になるように取り付けます。若干後方安定性は犠牲になりますがフロント側には大分スペースが取れました。


ディスプレー下部にケーブル通しをするため金ノコでカットします。

HDMI to VGAアダプターとディスプレーの中継ケーブルも作り直しました。

d-sub15pin(オスーオス)以下8本を接続
1 Red video signal
2 Green video signal
3 Blue video signal
6 Red video signal return
7 Green video signal return
8 Blue video signal return
13 HSYNC
14 VSYNC

MINIのHDMI to VGAアダプターは手持ちにありました。実は去年アダプタが壊れたとき間違えて購入(・・;)したものです。(380円)
映ることは映るのですが時々アダプタの設定を読み取らないことがあります。現在のraspbianはほとんどがconfig.txtを編集しなくても自動で読み込んで設定してくれますがこれは明示的に/boot/config.txtを設定する必要がありました。

/boot/config.txt
hdmi_force_hotplug=1
hdmi_group=2
hdmi_mode=16
hdmi_drive=2
config_hdmi_boost=4

キーボード、マウス
LOGICOOL ワイヤレスキーボード K270
LOGICOOL ワイヤレス 光学式 M185RD
このキーボード、マウスはドングルを差し込むのみで確実につながります。また1個のドングルで共用もできbluetoothよりも使いやすいですね。

オーディオ
IO-DATA(LCD-A15CE)のディスプレーにはスピーカーがありません。

アンプはPAM8403、ブリッジダイオードを入れて極性なしに。スピーカーは100均
電源はノイズが載るのでPIとは共用できないため不要の携帯充電器を使用、一片を金ノコでカットして力技でこじ開けます。
但しスピーカーがダメダメなのでかなり音が悪いです。
これはあとから少し考えてみましょう。

本体組立
役者も揃ったので組み立ててみます。

5V電源は2A、ディスプレーのACアダプタも貼り付けます。ACラインは纏めて1本のコードで
USBは100均4ポート+電源専用1ポート,USBラインにも5Vを加えます。

少々汚いのですがzeroの確認ということで!


当サイトで使っている100均ハブも残っているのは1個になってしまいました。zeroにはすごく使いやすいのですがもう手に入らないのが残念です。

wifi設定

$ lsusb
Bus 001 Device 003: ID 0bda:8176 Realtek Semiconductor Corp. RTL8188CUS

wifiドングルを差し込んで1〜2分待ってるとアクセスポイントが現れてきます。

SSIDを選択してキーを打ち込みます。DHCPからIPを取得できればOKです。スマホ並ですね。


IPアドレスが169.254で始まっている場合はDHCPサーバーからIPアドレスを取得できていないと思います。
当サイトではDHCPサーバーが別なので新たに設定します。
wifiマークを右クリックして環境に合わせて値を入れ固定IPに設定しました。

# ifconfig wlan0
wlan0     Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 80:1f:02:68:d4:f5 
          inetアドレス:192.168.11.13 ブロードキャスト:192.168.11.255  マスク:255.255.255.0
          inet6アドレス: 2408:213:81:b00:6324:a484:e1b2:b972/64 範囲:グローバル
          inet6アドレス: fe80::3ae7:6f84:4690:244/64 範囲:リンク
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
          RXパケット:25107 エラー:0 損失:144 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:20381 エラー:0 損失:2 オーバラン:0 キャリア:0
      衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000 
          RXバイト:3917285 (3.7 MiB)  TXバイト:9692641 (9.2 MiB)

最初に打ち込んだ暗号化キーは/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confに書き込まれます。

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
network={
	ssid="Buffalo-G-3D68-1"
	psk="***************"
	key_mgmt=WPA-PSK
}

アドレスは/etc/dhcpcd.confに書かれます。アドレスを重複しないようにカードを作成する段階で書き込んでおけばネットワーク設定済みのカードで起動することができます。

/etc/dhcpcd.conf
interface wlan0
inform 192.168.11.13
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1
SSID Buffalo-G-3D68-1


PI3を組み込んだ時はこんな感じになります。

ネットワークの設定も済みました。
今回は新たにカードを作成して実行しています。
次回も設定やアプリケーションを少し触ってみたいと思います。

Raspberry Pi Zeroを試してみる(CUI)

Raspberry Pi Zeroもやっと国内で購入できるようになりました。当サイトでもひとつ購入してみました。

今回はサーバーや工作の用途を想定して有線LANで設定、確認してみたいと思います。


チップにはELPIDAのロゴが見えますがこれはメモリでBCM2835はこの下に実装されているそうです。

マイクロSDカードのソケットは基板表についたのでこれは使い勝手が良くなりました。

HDMI端子はMINIですね。


マイクロUSBはPWRINとUSBがあります。

PIカメラ用コネクタがあります。

GPIO(40P)以外にRUN(リセット)とTV(コンポジット映像信号)がみえます。

LED(ACT)は1個になりました。

インストール
今回はCUIで確認を行いますが後にディスクトップ用途でも使ってみたいと思うので2017-03-02-raspbian-jessieをインストールします。

作業はいつものとおりPI3ディスクトップ
ダウンロードしたzipファイルを展開、32GBのカードをfat32でフォーマットしています。

# dd if=2017-03-02-raspbian-jessie.img of=/dev/sda bs=1M

現在のjessieは勝手にカードの領域を拡張してしまうので当サイトでは必要な領域だけを確保します。
gpartedは危険なToolです。自分自身の領域を削除することも可能なので右上のカードの選択を間違えないように注意します。

15000MBを確保しました。
これでバックアップを容易にする他にデータを分けるメリットがあります。
バックアップはパーテーション単位でも可能です。(こちらはまたの機会で)
必要であれば以下で作成したパーテーションを削除して拡張することも可能です。


残りの領域全部を新しく作成

メニューのチェックアイコンをクリックするまでは適用されません。


できたカードはsshを有効にするためboot領域にsshのファイル名で空のファイルを作成しておきます。

リモートから接続をするのでネットワークの設定をしておきます。
固定IPを割り当てるため/media/user/uuid/etc/dhcpcd.confを編集(要root)

# /media/pi/139ca52c-d45e-44ca-8b8c-12c0af0c9cf5/etc/dhcpcd.conf
interface eth0
static ip_address=192.168.11.13/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

取り敢えずカードの準備は出来ました。pi zeroはイーサネットを持っていないため準備する必要があります。手持ちの中から使えそうなものを探してみました。

中華製ですが3年位前に購入(500円位)したものです

カードをセットしてアクセスしてみましょう。

$ ssh pi@192.168.11.13


2度目の電源投入からカードを読み込み始めます。
無事接続できているようです。

$ lsusb
Bus 001 Device 002: ID 0b95:772a ASIX Electronics Corp. AX88772A Fast Ethernet
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
$ dmesg | grep asix
[   16.275240] asix 1-1:1.0 eth0: register 'asix' at usb-20980000.usb-1, ASIX AX88772 USB 2.0 Ethernet, 00:0e:c6:f0:49:71
[   16.284916] usbcore: registered new interface driver asix
[   18.820466] asix 1-1:1.0 eth0: link up, 100Mbps, full-duplex, lpa 0xC5E1
[   18.956058] asix 1-1:1.0 eth0: link up, 100Mbps, full-duplex, lpa 0xC5E1

もうひとつ試してみました。

エレコム LD-USB/T
LINK LEDは点灯しませんが(アクセスLEDはOK)こちらもつながりました。

スイッチハブは100Mで認識していますが実際LAN内でファイル転送をしてみるとasixの半分程度の速度になります。

$  lsusb
Bus 001 Device 002: ID 056e:abc1 Elecom Co., Ltd LD-USB/TX
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
$ dmesg | grep pegasus
[   10.413201] pegasus: v0.9.3 (2013/04/25), Pegasus/Pegasus II USB Ethernet driver
[   10.455196] pegasus 1-1:1.0: eth0, LANEED USB Ethernet LD-USB/T, 00:90:fe:0d:f1:79
[   10.459052] usbcore: registered new interface driver pegasus


そんな訳でもう使い途のないLD-USB/TはPi Zero専用にマイクロBの尻尾をつけて使い倒すことにしました。
サイズメリットは無くなりますがコストメリットは大です。
Pi Zeroのベース部はミンティアのケースを使いました。コネクタ部分を切り取ればケース内に収まるのではと思うくらいZeroは薄いですね。

ネットワークもつながったのでraspi-config実行

Localisation OptionsからLocaleとTimezoneを設定
# apt update
# apt upgrade


raspbian-jessieをインストールしたので作成したパーテーション(/dev/mmcblk0p3)もオートマウントされています。

ZeroにはACT LED1個しかありません。起動時カードにアクセスしてLEDも点滅しますがアイドリング時は点灯しています。更に良く観察すると大きなデータを読み書きしている時にはカードにアクセス時消灯しているようにみえます。
ちょっと確認してみました。

root@raspberrypi:~ # cat /sys/class/leds/led0/trigger
none kbd-scrolllock kbd-numlock kbd-capslock kbd-kanalock kbd-shiftlock kbd-altgrlock kbd-ctrllock kbd-altlock kbd-shiftllock kbd-shiftrlock kbd-ctrlllock kbd-ctrlrlock [mmc0] timer oneshot heartbeat backlight gpio cpu0 default-on input

led0はmmc0に割り当ててあります。ここはPi3も同様です。

# echo none > /sys/class/leds/led0/trigger
# echo 1 > /sys/class/leds/led0/brightness

Pi3はここで点灯しますがZeroは消灯します。Zeroはこのロジックをハード側で実装して電源ONモニターとして兼用していると思います

元のmmc0に設定を戻すには下記を実行するか再起動するとデフォルトの設定になります。

# echo mmc0 > /sys/class/leds/led0/trigger


次回はディスクトップ環境で試してみたいと思います。

Top